ホーム > 産業・しごと > 雇用・労働 > 労働環境 > とちぎ働きやすい企業 > 医療法人宏仁会 本庄記念病院

ここから本文です。

更新日:2018年9月1日

医療法人宏仁会 本庄記念病院

~地域のための地域と共にある病院を目指します~

本庄記念病院

企業情報 

代表者名  本庄 宏
企業所在地  栃木県足利市堀込町2859
連絡先  0284-73-1199
これまでの受賞・認証歴

第48回献血運動推進全国大会 厚生大臣感謝状
平成28年度 障害者雇用優良事業所表彰 栃木県知事表彰

お話

事務部長 堀越 淳司 さん

企業概要

昭和62年10月 本庄外科医院 開設
平成2年10月 病床数増床により、本庄記念病院へ名称変更
平成10年4月 デイケアセンター 開設
平成14年4月 療養病棟を増築 92床に増床
平成24年4月 医療法人 宏仁会 設立
平成26年10月 リハビリセンター 開設
診療科  総合診療科・内科・外科・皮膚科・整形外科、リウマチ科・専門外来・小児科
従業員数 152名(男性57名、女性95名)(平成30年7月2日現在)

インタビュー     

Q.障害者の方に対して具体的にどのような取組をされていますか。

A. 視覚障害者をマッサージ師として雇用していますが、マッサージ室の近くにトイレを、また、マッサージ室の中に休憩所を設けるとともに、床を滑りにくいコルクタイルにすることで、視覚障害者が勤務しやすい環境を整えています。

 また、必ず業務補助をする職員を配置しているため、スムーズな施術が行えます。

Q.そのような取組に至るまでの経緯を教えてください。

A. 昭和62年の開設当初からマッサージ師は視覚障害者を雇用していました。したがって、視覚障害者を雇用することがあたりまえのことになっています。

 現在はマッサージ師4名中3名が視覚障害者です。

Q.取組の効果はいかがですか。

A. 一番勤務年数の長い方は平成4年に就職して勤続24年です。

 長期継続勤務ができた理由は、安定した収入を得られ、職場環境が整っていること、長く視覚障害者を雇用していることから他の職員の障害者に対する理解が浸透していることだと考えられます。

Q. 取り組む上での課題や心掛けている点はありますか。

A. 障害者は一人一人障害の程度が違い、担当できる業務にも差があるため、業務分担を決めることが難しいです。

 できない業務等は障害者本人から申し出ていただき変更をしています。

 また、部屋の照明を明るくしてほしいなどの要望があれば対応しています。

Q.今後の課題についてお聞かせください。

A. 勤続年数が長くなると障害者の高齢化により担当できる業務が減ってくる可能性も有り、業務分担の調整や勤務時間の変更等にどのように対応していくかが今後の課題と考えています。

会社から一言・・・ 

 マッサージ師の免許を所有している視覚障害者に対して、職場環境の整備に配慮しています。

協力内容 

  •   電話相談

 

(取材:足利労政事務所 取材年月日 平成28年12月9日 ※平成30年9月一部更新)

お問い合わせ

労働政策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館6階

電話番号:028-623-3218

ファックス番号:028-623-3225

Email:rousei@pref.tochigi.lg.jp

広告