ホーム > 産業・しごと > 雇用・労働 > 労働環境 > とちぎ働きやすい企業 > 平和テクニカ株式会社  那須工場

ここから本文です。

更新日:2018年11月28日

平和テクニカ株式会社  那須工場

~ 和顔愛語 ~

人はやさしい言葉を語るとき、顔もおのずとやさしくなります。

にっこり笑いながら相手を思いやる言葉をかけてあげることが、和顔愛語

平和テクニカ(多様)

企業情報 

代表者名 代表取締役 小池 達夫
企業所在地 那須町漆塚449番地
連絡先

TEL:0287-72-1035 

(本社 03-3249-0981(代表))

これまでの受賞・認証歴

平成20年度 栃木県フロンティア企業認証 

平成27年3月 がんばる中小企業・小規模事業者300社選定・表彰(経済産業省)

平成29年度 栃木県フロンティア企業認証

お話

那須工場 生産管理リーダー 深澤 幸子 さん

企業概要

創業 : 1952年2月(1973年10月 那須工場稼働)
事業内容 : 産業用精密切断砥石の製造・販売
資本金 : 5,000万円
従業員数 : 那須工場 28名(男性4名、女性24名 内パート社員女性4名)

インタビュー     

Q. 具体的な取組について教えてください。

A. 

◇パートタイマーからの正社員転換制度や、従業員の希望に応じた短時間勤務制度を設けています。
 正社員への転換制度は、子育て中の女性をパートタイマーとして積極的に採用し、子育てが落ち着いた時点で、本人の希望の時期に正社員へ転換しています。
 15年間で9人がパートタイマーから正社員に転換しています。
 短時間勤務制度は、育児や家族の介護を理由に会社を辞めることが無いよう、育児や介護を行う従業員、60歳を超えて継続雇用している従業員が利用し、各人の希望に合わせた時間設定で勤務しています。

Q. そのような取組に至るまでの経緯を教えてください。

A. 当社が製造してる精密切断砥石は、機械化ができず、工程のほぼ全てを手作業で行っています。作業には熟練の技が必要で、技術の習得に時間を要します。習得した技術を長く会社のために使ってもらえるよう、正社員への転換制度や短時間勤務等を取り入れています。
 子育て中の女性をパートタイマーとして採用し、子育て期間中を教育訓練期間とし、技術を習得してもらい、技術を習得した女性が正社員として、生活の安定を図りながら、会社の戦力として長く働けるよう職場環境を整えてきました。
 家族の介護を行う年代の従業員は熟練工で、会社としても大切な戦力ですので辞めずに働ける環境を整えています。
 また、60歳を過ぎると体力的に通常勤務が難しくなるため、本人の希望で短時間勤務も可能にし、63歳から65歳までの3年間は、マンツーマンで新人の育成に力を注いでもらっています。

 Q. これまでの取組の中で、どのような課題がありましたか。また、その課題をどのように解決しましたか。

A. 子どもの急病時や夏休み等での休暇や短時間勤務者への対応のために、人員配置を手厚くする必要があり、本社との折衝でも難しい部分でした。
 今いる人達がしっかり働き、時短勤務後は会社の戦力となり働いてもらうことで現在の体制を採るメリットを立証できました。また、当社の製品は、各人の技量に頼ることが多く、機械化もできないため、育てた人材に長く働いてもらうためにも多様な働き方が必要となりました。
 また、夏休み等は育児中の女性が多く休むため、年配の女性が補完し、秋の収穫時期等は年配の女性が家業の手伝い等のための休みが多くなりますので、その時期は育児中の女性が活躍しています。
 昼食を全員が食堂でとったり、様々なイベントやサークル活動を通し、従業員同士のコミュニケーションが取りやすい職場環境にもなっているため、お互いの状況を理解できるので休暇の振り分けも上手くいっています。

Q. 取組の効果はいかがですか。

A. 子育てや介護を要する家族がいる等、20歳代から65歳までの幅広い年代層の従業員がいることで、同じ年代の従業員同士の横の繋がり、年代を超えた縦の繋がりが生まれ、お互いを思いやる企業風土が育っています。
 「会社は一つの家族」との考えの基、助け合いの精神が根付き、工場であっても家庭的雰囲気とお互いを思いやる気持ちが生まれ、それらが仕事の成果にも生きています。先輩を見習い、教える方・教わる方双方が敬愛を持って接することにより、ボトムアップが実践されています。

 Q. より一層の多様な働き方に向けて、どのような課題があると考えますか。

A. 現在は65歳までの雇用となっていますが、65歳を過ぎた従業員の働き方についても、検討していきたいと考えています。

企業から一言・・・

 従業員が活き活きと働ける職場でいられるよう、ワークライフバランスの推進についても、今後も積極的に取組む考えです。当工場の取組が、一企業の枠を超えて広がってくれたら素敵だと思っています。

協力内容 

  • 電話相談【本社・経営管理部門で対応】
  • 視  察【本社・経営管理部門で対応】

(取材:大田原労政事務所 取材年月日 平成30(2018)年10月15日)

お問い合わせ

労働政策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館6階

電話番号:028-623-3218

ファックス番号:028-623-3225

Email:rousei@pref.tochigi.lg.jp

広告