ホーム > 産業・しごと > 雇用・労働 > 労働環境 > とちぎ働きやすい企業 > 古河産機システムズ株式会社小山工場

ここから本文です。

更新日:2017年1月4日

古河産機システムズ株式会社小山工場

~労働災害、交通災害の「0災害」達成と快適な職場作り~

古川産機システムズ1

 古河産機システムズ2 古河産機システムズ3

企業情報 

代表者名 代表取締役社長 川下 勝平
企業所在地 小山市若木町一丁目23番15号
連絡先 0285-23-8650
これまでの受賞・認証歴

平成11年6月 ISO9001認証取得

平成14年10月 ISO14001認証取得

平成22年10月 安全衛生優良事業所(奨励賞)「栃木労働局長表彰」

平成28年10月 安全衛生優良事業所(優良賞)「栃木労働局長表彰」

お話

常務取締役小山工場長 栗田 憲一 さん

管理部総務課   大塚 康明 さん

企業概要

創業開始:明治8年(新潟県草倉銅山)

会社設立:大正7年(古河鉱業株式会社)

小山工場創業:昭和19年

古河産機システムズ株式会社設立:平成17年(古河機械金属株式会社より分社化)

本社所在地:東京都千代田区丸の内2-2-3丸の内仲通りビル

業務内容:一般産業機械の製造・販売、ポンプ、環境機械、鋼構造物(鋼橋梁など)、車載運搬車(キャリア車)、産業機械(破砕機、粉砕機、分級機、造粒機)

従業員数:419名(内 小山工場:204名)(平成28年10月末現在)

インタビュー     

Q. 具体的にどのような取組をされていますか。

A. 小山工場では、労働災害、交通災害の「0災害」達成と快適な職場づくりを目標に、全員の努力と工夫で安全と健康を確保し、快適な職場づくりを目指して次のような活動をしています。

  • 安全衛生管理体制の強化

 安全衛生委員会を工場全体の工場委員会と部門毎の部門委員会を設置しています。部門委員会毎の議事は工場委員会で報告され、工場委員会で審議が必要な事案については、工場委員会で審議致します。

 工場委員会での議事については、各部門委員会へ周知される体制をとっています。

  • 安全衛生活動の取組み

1.安全衛生パトロール

 工場委員会・部門委員会毎に安全衛生パトロールを実施し、指摘すべき事項があった場合は、委員会で対応が指示され各部門に周知することで安全衛生の実効性を高めています。

2.危険予知活動(KY)の実施

 グループ単位で、毎朝のKYミーティングを実施して、日々の安全作業に心掛けています。

3.安全衛生教育

 安全衛生特別教育(アーク溶接・粉じん作業等)・危険体感教育を社内教育で実施し、安全意識を向上に繋げています。

4.リスクアセスメント

・リスクアセスメントを行い、不安全作業・設備等リスクの低減対策を施す事により労働災害の削減に繋げています。

・ヒヤリハット報告についても、リスクアセスメントを行い、リスクが高い事例については、対策を施し災害を未然に防ぐ様努力しています。

5.保護具の着用徹底

 作業内容に応じた着用徹底指導を行っています。

6.5Sの徹底・美化活動

5S活動の徹底、美化活動の推進を図っています。

7.交通安全

交通ルールとマナーを守る、安全運転の定着指導を実施しています。

8.健康管理・心の健康づくり

・健康診断の受診率100%、要所見者の健康指導の実施。

・「心の健康づくり計画」に基づき、ストレスチェック・産業医による個別面談指導・メンタルヘルス研修を実施しています。

Q. 取組の効果はどのような形で現れていますか。

A. 

  • 5S活動を通じて赤チン事故やヒヤリハットなどを未然に防ぐよう安全衛生管理を行ってきました。また、組織の安全衛生体制を細分化することにより構内協力業者を含む工場内にいる全ての労働者に安全衛生管理に関する意識を浸透させる事に努めています。
  • ストレスチェックを利用してストレスの高い職場にメンタルケアができています。
  • 各部門でのKY活動時に、ボードへの書き込みによる見える化や安全目標を自ら読み上げ、社員同士に唱和をさせることにより当事者意識の向上による安全衛生の意識を高めています。
  • ゼロ災害の状況は、平成18年11月11日より、休業災害ゼロを継続中です。完全無災害を目標に安全作業に取組んでいます。

Q. これからの課題としてはどのようなことがありますか。

A. 日常的な5S活動の徹底できれいな職場に事故はなしとの信念から今後もゼロ災害を目指します。ゼロ災害は普段の活動の結果です。

 赤チン事故やヒヤリハットが起きた場合にも問題の把握と分析は行っていますが、原因の根本までの究明が不十分であると感じています。

 また、他部署で起きたことに対しても、工場全体で問題を共有し、安全対策に取組む体制作りが課題であるため、今後も安全衛生管理体制強化を図ります。

Q. 会社から一言・・・

A. 弊社の前進である古河鉱業が、大正元年「安全専一」を提唱し百余年となるこの時期に、このような名誉ある表彰を受ける事が出来まして光栄であります。今後も、受賞に恥じないよう、完全無災害を目標に安全作業に取組んでいきます。

協力内容

  • 電話相談

(取材:小山労政事務所 取材年月日:平成28年11月17日)

お問い合わせ

労働政策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館6階

電話番号:028-623-3217

ファックス番号:028-623-3225

Email:rousei@pref.tochigi.lg.jp

広告